無事、助成金の申請がおりました。

皆様こんにちは。


「すぎなみ里親プロジェクト」のイベントに向けて、昨年度から少しずつ動いてきた中でも、杉並区社会福祉協議会(以下、杉並社協)が扱う助成金事業については、何度も足を運び申請に向けて取り組んできました。そして、3月末、無事申請が降りたことを通知するお手紙をいただき、チームでほっとした思いでいます。

申請をすることがゴールではなく、これからがスタート!!今、イベントに向けて着々と準備を整えています。


この助成金は、以前の記事にも載せたように地域福祉を推進する活動(事業)に助成をしているものになります。財源は『歳末たすけあい運動募金』で、毎年12月上旬に駅頭にて小中学生や民生委員と共に杉並社協の皆様が行ってくださった街頭募金によるものです。


そのような想いのこもった助成金、今後のイベントに向けて大切に使わせていただきたいと思います。そして、何より嬉しく思ったこと、、、助成金の審査委員からのコメントとして「里親の問題は一施設の問題にとどまらないと考え、杉並区内の他の児童養護施設と連携することを目指していただきたい」とありました。


まさに、そうですよね。杉並区は他の区に比べ児童養護施設・乳児院が多い区です。現場で社会養護に携わっている者だけでなく、このような言葉をいただけるのは、身の引き締まる思いがしました。今年度だけのことでなく、長期的に考え、今後は他施設とも『里親と地域の繋がり』について検討していけたら良いな・・・と思っています。

© 2023 著作権表示の例 -Wix.com
で作成されたホームページです。